1. HOME
  2. ブログ
  3. 病気・予防法
  4. マスクで感染予防?

BLOG

介護にまつわる看護師ブログ

病気・予防法

マスクで感染予防?

新型コロナウイルスの感染拡大で街は閑散とした静かな日が続いています。みなさんはどんな対策をされているのでしょうか?

今回はマスクについてです。コロナウイルスの感染拡大で現在品薄状態が続いています。マスクをして感染予防と思っている方に、「本当にそれって予防できているの?」と言うことをお伝えしようと思います。

市販されている一般的な使い捨てタイプのマスクについてです。マスクの目のサイズは、およそ5μm(5マイクロメートル = 0.005mm)です。ちなみに髪の毛の太さは、およそ50〜100μmですので相当細かいもののように思われますね。そして防ぎたいコロナウイルスのサイズは、およそ0.1μm です。お気づきかと思いますが、マスクの目に対して正に桁が違うのです。少し分かりやすく説明すると、ウイルスが直径6.7cmのテニスボールサイズとすると、マスクは1マスが3m以上の網なのです。飛んでくるテニスボールをこんな大きな網目で止めることができると思いますか?何をお伝えしたいかと言うと、ウイルスに感染したくないからと必死にマスクを買うために探し歩くことはないということ。

ではマスクは何のために必要なのか?感染した人から咳やくしゃみで体外に出る時には、唾液や痰、鼻水などの水分、埃などが付着して5μm以上の飛沫になることが多いのです。これを飛散させないために必要なのです。要するにマスクは感染するのを防ぐためではなく感染させないために使うのが正しい使い方です。外国人がマスクだらけの日本人を見て「こんなに日本は病人が多いのか」と恐れるのはこんなこともあってです。

ところが現在は、感染の有無に関係なくマスクを多くの人が買い漁って、ほんとうに必要な人にマスクが不足している状態です。本気で感染拡大を止めたいのであれば、風邪や感染症の疑いのある人たちにこそマスクを使ってもらうことが重要です。マスクを求めて街に出たり、ドラッグストアに並んだりすることはかえって感染のリスクを高める行為と言えるのではないでしょうか?感染予防をしたいのであれば、密集、密着、密閉の3つの密を避けることや、こまめな手洗いを行なうことなどが有効です。そして少しでも感染の疑いがある時は外出しないこと。咳やくしゃみの時はティッシュやハンカチなどで鼻と口を覆ったり、上着の内側や袖で覆ったり、マスクをしたりして飛沫を防ぎましょう。

各省からも関連の記事がありますのでご覧ください。

○マスクについてのお願い(厚生労働省)
https://www.mhlw.go.jp/content/10900000/000594878.pdf
○咳エチケットで感染拡大防止(経済産業省)
https://www.meti.go.jp/covid-19/pdf/cough_etiquette.pdf

関連記事