1. HOME
  2. ブログ
  3. 高齢者の特徴
  4. 乾燥肌の洋服えらび

BLOG

介護にまつわる看護師ブログ

高齢者の特徴

乾燥肌の洋服えらび

ご高齢の方に服をプレゼントしても着てもらえなかったことはありませんか?
“若く、はつらつと見えるように”と思って選んだデザインが気に入らなかったからでしょうか?
デザインが原因のことも人によってはあるかも知れませんが、もしかしたら素材かも知れませんよ。

高齢になると皮膚が乾燥してかゆみを感じやすくなります。ご高齢の方で足に粉を吹いたように皮膚が剥がれているのを見かけたことはありませんか?乾燥すると繊維によってチクチクと刺激され、かゆく感じてしまいます。

どんな素材が刺激が強いかと言うと、「化学繊維」「ウール」です。
化学繊維は速乾性が高いため肌の水分を吸収し、より肌が乾燥してしまい肌トラブルが起こりやすくもあります。また化学繊維の多くは静電気が発生しやすく、これがまた肌への刺激となってしまいます。
そしてウール(羊毛)は繊維が太すぎるために肌を刺激しやすいようです。より細いアンゴラやカシミヤは刺激が少ないようです。

フリースやヒートテックなどの肌着は刺激が強いため、機能的であっても着なくなってしまうことが多いようです。

ではどのようなものが良いかと言うと、最も身近ではないかと思いますが「木綿」です。最新の機能性の高いものより、実は昔からある木綿が良いようです。

高齢者は結局デザインや機能性より、刺激の少ない着心地の良い服を選ぶことが多くなります。もしプレゼントに服を考えているようでしたら素材も気にしてみてください。化学繊維やウールを着てもらいたいのであれば、直接肌に触れないようアウターに用いると良いと思います。

そしてここからはちょっとした工夫ですが、肌への刺激になるタグは切り取ってしまったり、新品の服は一度洗濯して表面の薬品などを落としたりすると良いですよ。そして服だけでなく寝具にも言えることなので、化学繊維やウールの毛布も肌への刺激になりますので、オーガニックコットンの毛布などに変えてみても良いと思います。

もう一つ、皮膚の方を保湿してあげるのも良い方法です。保湿クリームやワセリンを塗って保湿をすること、部屋を加湿して過度の乾燥を防ぐことも有効です。意外かもしれませんが爪を切ることも皮膚のかゆみを減らすことにつながります。かゆみから皮膚をかいた時に皮膚に傷を作ってしまい、刺激により敏感になりさらにかゆみを感じてしまうからです。同じ理由でお風呂の体を洗うタオルもナイロンのものは避けた方が良いでしょう。あの刺激が洗った気がするのかもしれませんが、結局かゆくて眠れなくなってしまっては何もなりません。

ご高齢の方がかゆみを訴えていたら、服や寝具の素材を見てアドバイスしてあげられるといいですよね。そして服をプレゼントするなら、もらう人目線で綿素材を選ぶと喜んで着てくれそうですよ。
着てもらえると贈った方もうれしいですよね。

関連記事